店主たみこの観光案内日記

金沢城 三十間長屋

2018年10月06日

金沢城 三十間長屋

 

金沢城散策の際、、ついうっかりしてるとスルーしてしまうのが、ここ三十間長屋(さんじっけんながや)。
と言うのも、ちょっとメインルートから外れたところにあるから。

 

石川門から入り、三の丸広場を抜けて、橋爪門をくぐると目の前に広がるのが二の丸広場。
そしてその二の丸広場の右手にあるのが菱櫓(ひしやぐら)。
目立ちますからね、菱櫓。
そのまま右側に向かってスタスタスタ・・・、おっと待って!!
左側なんです、三十間長屋!!
左側ぁーーー!!!!
それも極楽橋って橋を渡って、ちょっと登って、雑木林に隠れるようにひっそり。

 

こりゃスルーしますわ・・・。

 

でもこの三十間長屋、金沢城においてはとても重要な建物で。
江戸期に建てられたもので現存する、たった3つの建築の内のひとつなんです(後のふたつは石川門と鶴丸倉庫)。
すごく貴重ぉーーーーなんです。

 

サイズは長さ48メートル、幅5メートル。
構造は二層二階。
用途は倉庫。
「鉄砲蔵」などとも呼ばれてたので、かつては武器庫として使用されていたようです。

 

屋根は見事な鉛瓦。
この鉛瓦ってのは金沢城の大きな特徴の一つで。
瓦の表面に鉛板が貼ってあります。
この鉛が放つ白くて鈍い光沢が実に美しく。
でも同時にカネもかかり。
加賀百万石の財力があったればこそできた贅沢なんです。

 

壁面の腰回りにはこれまた金沢城の大きな特徴である海鼠壁(なまこかべ)。
四角い瓦をタイルのように互い違いに敷き詰め、隙間を漆喰でかまぼこのようにこんもりと盛り上げてあります。
これも大変手間とカネのかかる装飾で、潤沢な資金がなきゃできません。
贅沢好きだったんでしょうね、前田の殿さま。

 

底部の石垣も大きな見どころで、「金場(かなば)取り残し石垣」と呼ばれています。
石をガチガチ組み上げること自体は一般の石垣と同じですが、表面にわざと凹凸をつけてあります。
これにより視覚的堅牢さを表現したのです。

 

屋根と壁をじっくり楽しんだら、今度は1回ぐるっと建物の周りを一周してみてください。
表と裏で装飾に違いがあるのが分かるはず。
表側はのっぺりとした退屈な見た目なのに、なぜか裏側には派手な出窓が三つ。
中央は入母屋造り、両側ふたつは唐破風。
なぜか表より凝った装飾になってます。
なぜ?

 

これはまあちょっと考えれば分かるんですが、城外から金沢城を眺めた場合、この裏側が「見える側」になるんですね。
なので「見えない側」の表面はシンプルにして、「見える側」の裏面は大げさにデコレーションして見栄を張ったと。
そういう訳です。

 

金持ちのクセにやること姑息ですね(笑)。

 

そしてもうひとつの注目ポイントが屋根の造り。
左右で違う造りになってます。
改めて建物を左右真横から見比べて下さい。
左側は立派な入母屋造り、右側はさっぱりした切妻造り。
これも外から見える左側だけ見栄張ったんじゃないの?と思われるかもしれませんが、こちらはちょっと事情が違いまして。

 

この三十間長屋は、1759年に起きた宝暦の大火で1度消失しています。
この消失前、実は右側に櫓が建っていたのです。
その約100年後の1858年に建てられたのが、今ある三十間長屋でして。
ただこの時の再建では、櫓までは造られなかったのです。
財政状の問題からか、それとも必要性の問題からかは知りませんが、とにかく後回しにされたんです。
でも将来的には作る可能性もあるから、その時は改めてこの三十間長屋にドッキングさせようと。
だから接続側に当たる右側の屋根は、取りあえず適当で(←?)いいんでねえの?と。
そういう事だったらしいです。

 

とは言え、御覧の通りその構想が実現する事はありませんでした。
残念。



金沢城の三十間長屋。
メインルートとは外れたところにあって、ちょっと分かり辛いとは思いますが。
大事な必見スポットです。
忘れずにぜひ足を運んで御観覧下さい。

 

時々内部公開もやってます。
無料ですので、その時はぜひ中も見てってくださいね。
出窓から見降ろす金沢市内の眺めは壮観ですよ!

 

 

金沢城 三十間長屋

住所:石川県金沢市丸の内1 金沢城公園内

TEL:076-234-3800

 




コメントをする

 

 

 

金沢市の最新記事一覧

金沢老舗記念館

2018年11月13日

長町武家屋敷跡を犀川方面にぽてぽて歩くと、道路沿い右側に古い屋敷が現れます。金沢老舗記念館です。この建物は元々中屋家のも・・・

カテゴリー:観光名所

変容する家 ブーフーウーの藁の家

2018年11月10日

「東アジア文化都市」。文化庁の推進により行われている事業です。その目的は日本・中国・韓国の三ヶ国の協力によって様々な文化・・・

カテゴリー:観光名所

金沢くらしの博物館

2018年10月20日

石引の大通りを走っていると何気に見える白い建物。多分ほとんどの人が何も気づかず、ぼぉーっと通り過ぎてると思いますが。そこ・・・

カテゴリー:観光名所

金沢駅 百工の間

2018年10月13日

2015年3月14日に開業した北陸新幹線。当時はその主役である新幹線にばかり話題が集中しましたが。実はその陰や裏でも色ん・・・

カテゴリー:観光名所

金沢城 三十間長屋

2018年10月06日

金沢城散策の際、、ついうっかりしてるとスルーしてしまうのが、ここ三十間長屋(さんじっけんながや)。と言うのも、ちょっとメ・・・

カテゴリー:観光名所

金沢医療センター 大土塀

2018年09月27日

兼六園から道1本挟んで反対側、大きな病院が建っています。金沢医療センターです。病院が観光名所って、別にそういう話ではなく・・・

カテゴリー:観光名所

いぼとり石

2018年09月26日

兼六園のすぐ隣に金澤神社というちっちゃい神社があります。その入り口右側に放生池というこれまたちっちゃい池があって。そのほ・・・

カテゴリー:観光名所

香林坊地蔵尊

2018年09月25日

広坂からの大通りと武蔵からの大通りがちょうどぶつかる場所、香林坊交差点。この交差点の片隅に、ぽつんと小さな祠がひとつ建っ・・・

カテゴリー:観光名所

鈴木大拙館

2018年09月24日

兼六園から歩いて5分。ひょいっと横道に入って、ひょいっと横道に入って、ひょいっと横道に入って、住宅地をてくてく歩くと。あ・・・

カテゴリー:観光名所

兼六園 噴水

2018年09月23日

兼六園内を金沢城寄りに歩いていると、しゅわーっと勢いよく聞こえてくる水の音。噴水です。あら噴水、きれいね、なんて思ってな・・・

カテゴリー:観光名所