店主たみこの観光案内日記

いぼとり石

2018年09月26日

 

兼六園のすぐ隣に金澤神社というちっちゃい神社があります。
その入り口右側に放生池というこれまたちっちゃい池があって。
そのほとりに看板付きの丸い石がことんと置かれています。

 

これが今回の主役のいぼとり石。
イボをすりすりとこすりつけるだけでコロン取れると言い伝えられる、摩訶不思議な石です。

 

イボがある方。
試しにすりすりしてみてください。

 

まあ。

 

100%取れませんが(笑)。

 

この石は元々ここにあったものではなく、能登の七尾の方から取り寄せたと言われています。
そこにはなんでも「いぼ池」って池があって、そこの石にすりすりするとイボが取れるという伝承があったとの事。

 

あったんですかね、そんな池?
実はこのいぼ池、詳細が全く不明で。
どこにあった池なのか、現在も分かっていません。
記録に残ることなく歴史の中にうずもれてしまったのか。
単なるよた話だったのか。
今やもう知る由もありません。

 

取り寄せたのは十二代藩主前田斉広(なりなが)の正室であった真龍院(しんりゅういん)。
公家の名門鷹司(たかつかさ)家から輿入れしてきた、超お嬢様です。

 

鷹司家は摂政や関白などの要職を歴任してきた家柄で、まあ貴族みたいな家格。
実際彼女の父親は関白だし、姉妹なんかも天皇家や将軍家に嫁いだりなど、浮世離れ感ハンパない。
そんなスーパーお嬢様が前田家にやってきた訳です。

 

しかし幸せな結婚生活を送っていたかと言うと、ちょっと???で。
当時の大名は参勤交代で生涯の半分を江戸で過ごしたと言われてますが、斉広は金沢で起こった大火の処理や、自身の病気により金沢での滞在期間が長く。
対して真龍院は江戸の住まいで暮らしていたため、共に過ごしたのは3年にも満たなかったそうです。
そのためか二人の間には子供がおらず、家督は側室の子である斉泰(なりやす)に継がれています。

 

彼女が金沢に移ったのは1838年、夫である斉広の死後14年も経ってからです。
その後亡くなるまでずっと金沢で過ごし、晩年の住まいとして起居したのが今も残る成巽閣(せいそんかく)です。

 

実際歩いてみると分かりますが、この成巽閣からいぼとり石のある金澤神社までは徒歩でも数分。
彼女がこのあたりを庭のように散策したであろうことは想像に難くありません。
まあ当時いぼとり石が置かれていたのはもうちょっと離れた梅林の中で、金澤神社のそばに移されたのは後の話だそうですが。
どちらにしても歩いてすぐの距離です。
毎日散歩がてら、この石をなでなでしては通ったのかもしれませんね。

 

ところでなぜいぼとり石だったのでしょか?
それも遠い七尾からわざわざ取り寄せてまで。

 

実はその辺はちょっと不明で。
イボで悩んでいたのか。
単なる興味本位だったのか。
超が付く石マニアだったのか。(←?)
彼女の真意を知るすべはなく。
今となってはもう永遠の謎です。



イボが取れると信じられる伝説のパワーストーン。
効果は全然保証しませんが、興味があったらぜひすりすりしてみてください。
もしコロンと取れたら。
多分地元テレビのニュースくらいには取り上げてもらえますよ!(笑)

 

 

金澤神社

住所:石川県金沢市兼六町 1-3

TEL:076-261-0502

 




コメントをする

 

コメント

 

1.100%ではありません

少なくとも、私は30年以上前、子供の頃にイボをこすり付けて10個以上あったイボが取れましたよ(1カ月かからずに自然に治癒した)。ポロリと剥がれ落ちる訳ではなく、怪我が治るように自然に消えたので、ニュースにはなりませんでしたがw
100%取れない、ということはないと思います。

いぼとり石信者 2018-12-17 21:56:31

>> このコメントに返信

2.Re:100%ではありません

> いぼとり石信者さん

え゛?
伝説だと思ってた・・・(汗)

たみこ 2018-12-17 22:41:19

>> このコメントに返信

 

 

兼六町の最新記事一覧

兼六園 竹根石手水鉢

2019年02月23日

しいのき迎賓館や金沢市役所側にある真弓坂口から兼六園に入ると、すぐ先に池が見えてきます。その池の北側に夕顔亭という建物が・・・

カテゴリー:観光名所

金城霊沢

2019年02月05日

むかーしむかし、ある所に、あ、ある所じゃなくて山科に「藤五郎」という男が住んでいました。ある日藤五郎は夢の中で観音様から・・・

カテゴリー:観光名所

成巽閣

2019年01月19日

兼六園に隣接し、ちょうど金沢城の反対側に成巽閣(せいそんかく)はあります。高い塀に囲まれているため少々認識しづらく、知ら・・・

カテゴリー:観光名所

石川県立伝統産業工芸館

2018年12月15日

工芸王国と称えられる石川県。その裏には江戸時代より工芸を厚く保護してきた加賀藩の政策が強く影響しています。徳川家に次ぐ大・・・

カテゴリー:観光名所

兼六園 唐崎松の雪吊り

2018年11月24日

兼六園の大きな見どころのひとつ、唐崎松(からさきのまつ)。加賀藩13代藩主前田斉泰(なりやす)が、わざわざ琵琶湖畔の唐崎・・・

カテゴリー:観光名所

いぼとり石

2018年09月26日

兼六園のすぐ隣に金澤神社というちっちゃい神社があります。その入り口右側に放生池というこれまたちっちゃい池があって。そのほ・・・

カテゴリー:観光名所

兼六園 噴水

2018年09月23日

兼六園内を金沢城寄りに歩いていると、しゅわーっと勢いよく聞こえてくる水の音。噴水です。あら噴水、きれいね、なんて思ってな・・・

カテゴリー:観光名所

兼六園 七福神山

2018年08月30日

兼六園内に数ある見所の中で、結構スルーされてしまうのがこの「七福神山」。日本武尊像(やまとたけるのみことぞう)の左、曲水・・・

カテゴリー:観光名所

兼六園 徽軫灯籠

2018年08月29日

兼六園と言えば必ず紹介されるのがこの徽軫灯籠。「ことじとうろう」と読みます。園内のほぼ中央にある大きな池”霞が池”の北東・・・

カテゴリー:観光名所

兼六園 日本武尊像

2018年08月28日

兼六園で最も違和感を醸し出している構造物。それがこの「日本武尊像(やまとたけるのみことぞう)」です。場所は「千歳台」と呼・・・

カテゴリー:観光名所