店主たみこの観光案内日記

末森城跡

2019年03月23日

末森城跡

 

末森城。
この名前を聞いて「あ、花の慶次」とピンと来た人は、多分わたしと同世代です(笑)。

 

そう、その末森城。
前田慶次郎(まえだけいじろう)の盟友奥村助右衛門(おくむらすけえもん)が初登場するくだりで舞台となった場所。
作中では越中(富山)の佐々成正(さっさなりまさ)の急襲から、命がけで城を守った猛将という役柄でした。
世に言う「末森合戦」です。
このあたり、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

末森城は北に伸びる能登半島の付け根にありました。
そのすぐ南には前田利家が控える加賀藩の心臓部金沢、さらにちょっと東を向けば越中。
つまり能登・加賀・越中、三つの地域を繋ぐ結節点となる場所だったんですね。
こんな場所は当然モメ事の火種となりやすい訳で。

 

時は信長の死後。
秀吉と家康がまだドンパチやってた頃。
加賀の利家は秀吉側につき、越中の成正は家康側につき、両者の領国は隣同士。
もーこれだけで一触即発。

 

そして。

 

始まるべくして始まっちゃったんですよ。

 

1584年9月、本能寺の変のわずか2年後。
15,000もの大軍を率いた成正が末森城を攻撃、一気に二の丸まで抑えてしまいます。
そもそもこの末森城、石垣の類はなく、防御構造と言えば急勾配の斜面やその地形を利用した土塁や空堀といったかなり原始的な造り。
あんまり防御力高くなかったんですな。
その上手勢はわずか500人程度。
これじゃケンカになりませんわ。

 

が、ここで頑張ったのが助右衛門。
色んな資料を見ると、この時末森城を死守したのは奥村永福(おくむらながとみ)という記述をよく見かけますが、同じ人です。
と言うか「永福」の方が正式な名前で「助右衛門」の方が仮名なんだとか。
まあどっちでもいいですが。

 

この圧倒的な戦力差を意地で持ちこたえ。
援軍の到来だけを信じ、ひたすら戦い続けました。

 

そして2日後、ついに待望の利家軍が到着。
その数なんと!
たったの2,500!!!!

 

いやいやいや全然足りませんわ。
これは別に利家が成正をナメてた訳じゃなく、単に急すぎてこれだけの数しかかき集められなかっただけの話なのですが。

 

でも戦闘ってのは不思議と数だけじゃ決まらないもので。
地の利を生かした攻撃と奇襲により利家軍は成正軍を圧倒。
見事に勝利をつかみ取ります。

 

その後越中に戻った成正は利家の親分である秀吉に攻められ、あえなく敗北。
領地を没収されて、大阪へと強制移住させられます。
そのまましばらく秀吉の元で働き、やがて肥後の国を与えられて再び大名に返り咲いたものの、今度は領内で一揆が勃発。
失政の責を取らされて切腹、という悲しい最期を遂げます。

 

一方で利家は、末森合戦の功を称えられ、加賀・能登に加え越中の地をも拝領。
ここに巨大な加賀百万石の礎が出来上がるのです。

 

まさに戦ひとつで明暗が分かれた二人ですな。



現地は城跡とは言え、ほぼ未整備。
城郭建築は何一つ残っておらず、ただひたすら山道だけが続きます。
きれいにしつらえられた公園のようなイメージで行くと、ちょっと???って感じになりますよ。
ほぼ山登りだと思っておいてください。

 

ただ城好きにはそれが逆に「ツウ」心をくすぐり。
お、ここ堀切じゃん。
お、これ土塁の痕跡じゃん。
みたいな「さすがオレ様、見つけちゃったヨ!」的な発見が至る所で楽しめます。

 

まあソコまでいったら。
半分病気だけどね(笑)。

 

 

末森城跡

住所:石川県羽咋郡宝達志水町竹生野

 



總持寺祖院 経蔵

2019年03月19日

總持寺祖院 経蔵

 

能登半島のほぼ先端、山奥にそびえる古刹。
曹洞宗大本山總持寺祖院。

 

漢字並び過ぎてお経みたいだ(笑)。

 

總持寺祖院(そうじじそいん)と読みます。

 

祖院って何?って事から説明しますと。
このお寺、実は1回火事で焼けてます。
それまでは曹洞宗の大本山だったのですが、この火事を機に本山機能を神奈川県の横浜に移転。
そっちが「大本山總持寺」となっちゃったのです。
そこでその現役の大本山と区別するために、こっちの名前を總持寺「祖院」と改めたのです。
分かりやすく言えば「元大本山」ってニュアンスですかね。

 

その總持寺祖院の入口入ってすぐ左手にある古い建物が経蔵(きょうぞう)。
その名の通り、お経を収めた倉庫です。

 

この建物、先の火災で延焼を免れた数少ないオリジナルのひとつで、建造は今から276年も前の1743年。
当時の宗教建築様式をそのままに残す貴重な歴史遺産なのです。

 

これがもーカッコ良くて!

 

白の漆喰壁に配されたふたつの黒い花頭窓。

長年の風雪にさらされて重く退色した建材。
反りの美しい灰黒色のこけら葺屋根。
そのてっぺんに鎮座する濃緑色の宝珠。

 

ん~素敵ィ♪♪

 

ぱっと見二階建てっぽいですが、一層構造です。
内部は高天井の吹き抜けになっています。

 

室内中央には八角形の柱。
この柱、実は柱じゃなくて経典を収めた輪蔵(りんぞう)と呼ばれるものです。
言い換えれば本棚。
良く見ると四角い引き出しがいくつも並んでいて、ここになんと334巻もの経典が収められているそうです。
しかも全体がグルグルと回せる構造になってまして。
ぐる~んと1回回すと、334の経典全部を読んだことになるとのこと。

 

うん。
究極の手抜きだ(笑)。

 

輪蔵の上部にも注目。
加賀梅鉢紋(かがうめばちもん)の家紋が見えるはずです。
加賀梅鉢紋と言えば前田家の家紋ですが、この経蔵、実は加賀藩6代目藩主前田吉徳(まえだよしのり)によって建てられたものなのです。
しかもその建てられ方が尋常ではなく。
まず輪蔵を大阪で作って一旦解体、それを北前船で運んで来て再構築。
建物の方は別チームで建造。
別々に作ったものをドッキングさせて完成。
と、なんやらエライ人も手間もかけて作ったんだそうです。

 

さすがは前田の殿様。
やること派手ですわ!



かつての曹洞宗の大本山であった能登總持寺祖院。
現役の大本山じゃなくなっちゃったのが少々残念ですが。
それでもその面影は今なお健在。
どうぞ奥深い深淵な宗教空間を思う存分味わってみてください。

 

秋には紅葉がきれいです。
季節を選んで訪問するのもいいかもしれませんよ!

 

 

總持寺祖院

住所:石川県輪島市門前町門前 1-18甲

TEL:0768-42-0005

 



末松廃寺跡

2019年03月16日

末松廃寺跡

 

野々市の田んぼ広がる辺鄙なところにポツンと存在する公園。
末松廃寺跡です。

 

名前の通り「廃寺」なので、お寺はありません。
かつてここにお寺があったという痕跡があるというだけです。
現在は保全目的もあってか、公園として整備されています。

 

お寺が建てられたのは白鳳時代。
ちょっと聞き慣れん名前ですが、大化の改新(645年)~平城京遷都(710年)までの間の時期の事だそうです。
平安時代後期と言った方が多分ピンと来るでしょう。

 

仏教が伝来したのが538年または552年。
その後国教として奨励され、全国に布教の拠点となる国分寺が設けられたのが741年以降。
なので時期的には仏教伝来以降~国分寺建立以前という事になりますね。
これはつまり中央政権主導によるものではなく、地方有力者の手によって建てられたものという事になります。

 

この時代の地方有力者とは道の君(みちのきみ)の事を指し。
まあ今でいえば知事のイメージでしょうか?
知事と言ってもまだまだ中央の支配力が弱かったためか、かなり好き勝手やってたそうです。
例えば高句麗からやってきた使者に対して、天皇を詐称して貢物をかすめ取ったり。
無断で財テクやってボロ儲けしたり。
もーやりたい放題。
けどそれらに対して、中央から強いペナルティが課せられたという記録はなく。
まだまだ中央の属国と言うよりも、独立国家に近い形態だったみたいです。

 

なお「末松廃寺」という名前ですが。
あくまで便宜上付けられた名称で、このお寺の本当の名前は不明なんだそうです。
ここの地名「末松」にあったお寺なので「末松廃寺」。
本当の名前は何だったんでしょうね?

 

寺跡の存在自体は江戸時代から既に知られていたらしいのですが、本格的な調査のメスが入ったのは明治以降。
明治44年、大正10年、昭和12年、昭和41・42年と数回に渡って発掘が行われました。
その結果、このお寺は二度に渡って建設されていたことが判明。
最初に建設されたのは7世紀後半頃で、塔、金堂、築地(ついじ)などが設けられていたそうです。
その時の塔は恐らく七重塔であっただろうと言われており、心柱(しんばしら)を支えた唐戸石(からといし)は今もその場所に残っています。
しかし半世紀ほどでいったん姿を消し、8世紀後半頃になって再興。
この時は塔を持たない、以前よりも規模を縮小したものだったそうです。
その二代目も時代の流れと共に姿を消し。
さらに時は流れわずかな痕跡だけが現代に残った、という事です。



公園内には発掘調査を元に、塔や金堂の基壇が再現されています。
建物がないのが少々物足りませんが、雰囲気や広さはなんとな~く感じられるはず。
一歩一歩自分の足で歩きながら、その感覚を確認してみてください。

 

春には桜がきれいだそうです。
花見ついでにはるか昔のお寺の姿に思いを馳せるってのも。
なかなかに風流で面白いかもしれませんよ。

 

 

末松廃寺跡

住所:石川県野々市市末松 2

 



金沢肉食堂10&10 肉食堂ステーキ丼

2019年03月12日

金沢肉食堂10&10 肉食堂ステーキ丼

 

この日はこのブログの記事書くために外でごはん食べると決めてた日。
仕事が終わって目的のお店に。
あ、営業時間外。
仕方がない、予定変えてアッチの店に行くか。
あ、営業時間外。
すぐソコにあの店があったな。
あ、営業時間外。
久しぶりにあのお店行ってみるか。
あ、潰れてた。(←!)

 

みたいな調子で散々グルグル回って回って。
どこ行ったら食えるべ~?と半泣きで考え。
金沢中央市場付近なら多分どっかやってるべと、車をUターンさせ。
通り沿いに並ぶ店をノロノロ運転しながらチェック。
そしてガッと目に飛び込んだのが『金沢肉食堂10&10』。

 

しかし。

 

ここも営業時間外!!

 

でもあと10分でオープン。
しゃーない待つか、と車で待機。
スマホいぢいぢして時間を潰す。
15分ほどして店に戻り、看板の電気が点いているのを確認して、満を持して入店。
中にはすでに先客10人。
早っ!

 

オーダーは”肉食堂ステーキ丼”。
ライスは大・中・小の選択制、もちろん大で。
食べたおします。

 

肉食堂ステーキ丼の牛肉

 

肉。
焼き具合パーフェクト!
外はこんがり香ばしく、歯応えがっしり。
内はほんのり赤くみずみずしく、むっちり吸い込むような食感。
肉汁豊潤、うま味たっぷり。
湧き上がるような肉の味が、だばだばと口の中を流れ回る。

 

ごはんとの融合感もいいですね。
しっとり炊き上がったごはんには、甘辛いタレがべっとりとしみてて。
甘い、旨い、甘い、旨い。
噛むごとに大量の味が舌を舐め回す。
当然同じタレで味付けされた肉との相性は抜群で。
肉+ごはん、継ぎ目なく味が溶け合っていく。

 

そしてワサビのワンポイントアクセント。
お肉にちょびっと塗って食べるのですが。
舌に触れた途端、ハーブ香がツーン。
青々しいスパイシーな辛みが爽やかに駆け抜けて。
重旨い肉の味にシャープな緊張感を乗せる。



感動の美味さにヨダレで口の周りべちゃべちゃにしながら。
頬張って頬張って。
恍惚のため息をついて。
再び頬張って頬張って。
もう脳みそまでヨダレでべちゃべちゃにしながら。(←?)

 

完食。



金沢肉食堂10&10の”肉食堂ステーキ丼”。
量・質ともに文句ナシのハイクオリティ、予想をはるかに超えるパフォーマンスでした。

 

これはもう絶対おすすめ。
金沢来て美味い肉メシ食いたきゃ。
ここは外せませんゼ~~~!



ごちそうさま。





 

[参考]
・肉食堂ステーキ丼:1,080円

 


 

 

金沢肉食堂10&10

住所:石川県金沢市西念 4-14-8

TEL:076-213-5353

 



金沢城 河北門

2019年03月09日

金沢城 河北門

 

金沢城に存在する三つの門、「石川門」「橋爪門」そして「河北門」。
この三門を総称して「金沢城三御門」と呼びます。
中でも最も規模が大きいのがこの河北門。
一の門と二の門を配し、間に空間を設けた枡形構造になっており、一の門の横には櫓台が設置されています。
元々この櫓台には石川門同様、二階建ての櫓が建てられていたそうですが、残念ながら火災によって失われ、平成19年に行われた復元でも再建されることはありませんでした。

 

さてここでちょっと河北門の歴史を振り返ってみます。

最初に建てられたのがいつ頃かはちょっとはっきりしないのですが、利家存命中にはもう既にその原型があったみたいです。
その後二度の火災により焼失、安永元年に再建、とあります。
そのままずっと残しといてくれればいいのですが、明治15年に当時の金沢城の管理者だった陸軍が破壊、きれいさっぱり撤去してしまいます。
多分通行の邪魔だったんでしょうね。
まー余計な事してくれたモンです。

そして現代になって築城復元プランが持ち上がり。
平成19年~22年、3年近くの工期をかけて再建、となったのです。

 

んが。
そこに投入された工事費はなんと約15億円!

 

帝国陸軍~~~。
これ全部現代人の税金やぞ~~!
カネ払え~~~!!
と言いたくなりますわな、言ってるけど(笑)。

 

建設に当たっては、できるだけ当時の姿を忠実に再現。
幸い明治まではあったので、現存する写真を元にデザインし。
さらに建設前に現場の詳細な検証を行い、土中に残されていた礎石などをすべて洗い出し、設計の参考にしました。
ただ外観写真や発掘調査、江戸時代の絵図だけでは当然資料不足で。
それでも足りない部分については、ほぼ同時期に建てられた石川門を参考にしたそうです。(※石川門は江戸期に建てられたものがそのまま残っています)
要は「想像」した訳ですな。

 

返す返すももったいない。
そのまんま残しといてくれれば、現存する文化遺産としてオリジナルをリアルに楽しめたのに。
(余計なお金もかからなかったのに)。
なんで壊しちゃうかな~。

 

帝国陸軍~~~!!!
恨むぅ~~~!!!!

 

とは言え、復元された河北門、出来はなかなかに立派。
特にメインの二の門は櫓構造になっており、内部は出入り自由、結構な広さに作られています。
ツヤツヤぴかぴかの新築感が少々悲しいのですが、階上からの眺めは爽快。
すぐそこにある菱櫓や眼下に広がる三の丸、新丸広場、さらにその向こうにある街並みまでざっと見渡せます。
タイミングが良ければ、中で企画展なんかもやってます。
時々ですけどね。



かつて金沢城の正門として機能した河北門。
今やその威容は「復元門」を通してイメージするしかありませんが。
それもそれでロマン。
どうぞ思う存分江戸時代の景色を頭の中に浮かべてみてください。

 

上手にできたら。
前田の殿様がほわ~んと出てきて。
褒め褒めくらいしてくれる・・・かも!?

 

 

金沢城 河北門

住所:石川県金沢市丸の内 1-1

TEL:076-234-3800