店主たみこの観光案内日記

らーめん亭竹の子 辛口らーめん

2019年01月08日

らーめん亭竹の子 辛口らーめん

 

休みの日、小松方面をぶ~らぶら。
お昼どこで食べるか決めてなくて、ウロウロしてたらラーメン屋さん発見。
らーめん亭竹の子。
前から知ってたけど、来たことないお店。
いい機会なので、迷わず飛び込む。

 

店内はテーブル+カウンターのオーソドックスな作り。
メニューは麺類+ごはんもの+その他惣菜系と多数。
アイテムを絞って掘り下げるようなストイック系じゃなく、広範なメニューを幅広く取り揃えたカジュアルスタイルみたいね。

 

ラーメン自体にも色々種類がありまして。
野菜らーめんやら、もやしらーめんやら、五目中華らーめんやら、天津らーめんやら、他にもあれやらこれやら。
こんだけあるとすごく迷うのですが。
どうやら”辛口らーめん”ってのがイチオシらしいので、それに決定。

 

では初訪問らーめん亭竹の子にて”辛口らーめん”。
張り切って食べたおします。

 

辛口らーめんの麺

 

スープは完濁の茶色。
醤油ベースで甘く旨く。
じっとりブ厚いアタック。

 

その直後からビッと切れ込んでくるラー油のスパイス。
「辛口」を自称するだけあって、確かに刺激感ピリピリ。
シャープな辛さで鋭く舌を攻撃する。

 

麺は自家製の細麺。
茹で加減ややカタめで、歯応えしっかり。
でも舌触りはぷるんと滑り良く、躍動感満点。
優しい小麦の味が甘辛いスープにきれいに馴染み、しっとりとした美味しさを落とす。

 

具材はたっぷりの炒め野菜。
白菜はざくざく、シイタケはぬる~り、タケノコはじゃっくり。
どれも生き生きとした食感が楽しく、そしてみずみずしく。
とろりと絡む餡かけのタレが、さらに味のボリュームを押し上げる。

 

最後はその野菜を麺に絡めてずるずるすする。

 

ぷるぷる踊る麺。
しゃっきしゃきの野菜。
旨辛いスープ。
それぞれがしっかりと個性を出しつつも、互いに邪魔をせず。
味+味を融合させ、刺激とうま味が口いっぱいにあふれ返る。

 

いやいいですわ♪
強烈なインパクトはないかもしれないけど、でも全体のバランスがすごく取れてて。
つるつるつるっと自然~に吸い込まれる。
無駄に飾らない、昭和系の素朴な味。



すぱっと完食。



竹の子の”辛口らーめん”。
肩肘張らずするする食べられる。
優しい、でもスパイスの刺激もしっかり楽しめる、寒い季節にぴったりなホット系ラーメンでした。



ごちそうさま。





 

[参考]
・辛口らーめん:820円
・大盛り:100円

 


 

 

らーめん亭竹の子

住所:石川県小松市軽海町ツ 72-1

TEL:0761-47-1119

 




コメントをする

 

 

 

小松市の最新記事一覧

らーめん亭竹の子 辛口らーめん

2019年01月08日

休みの日、小松方面をぶ~らぶら。お昼どこで食べるか決めてなくて、ウロウロしてたらラーメン屋さん発見。らーめん亭竹の子。前・・・

カテゴリー:グルメ

ハニベ岩窟院 ハニベ釈迦牟尼大仏

2018年12月25日

入口にいきなりどどーん!とそびえる大仏様、の、頭。「頭」だけです。全高なんと15メートル。横幅がたっぷりあるせいか、実物・・・

カテゴリー:観光名所

小松天満宮

2018年11月03日

小松天満宮。その名の通り、小松にある天神様を祀った神社です。創建は1657年、加賀藩三代目藩主前田利常(としつね)がこの・・・

カテゴリー:観光名所

苔の里

2018年10月23日

全国1億5000万人の「苔ファン」(←?)の聖地。苔の里。苔、苔、苔、ひたすら苔、のお庭です。見所は苔、のみ。潔いほどに・・・

カテゴリー:観光名所

那谷寺 奇岩遊仙境

2018年09月13日

写真下手クソで、ただの崖にしか見えんけど。(←!)すごいのよ。もうここ、本当にすごいのよ。もうただそこに立ってるだけで圧・・・

カテゴリー:観光名所