店主たみこの観光案内日記

しいのき迎賓館

2019年01月12日

しいのき迎賓館

 

金沢市役所のほぼ向かい、広坂通り沿いにひときわレトロな建物があります。
しいのき迎賓館です。

 

建てられたのは大正13年なので、今から実に95年前。
ほぼ1世紀前ですな。
元々は石川県庁舎として建てられたもので、県内最初の鉄筋コンクリート建築だったそうです。
その頃は現在のものより奥行きがあり、上空から見ると「日」の形をしていました。
それが県庁移転に伴い平成14年で閉鎖、解体か?保全か?で議論された結果、正面部分だけを残し後ろ部分は解体となりました。
ざっくり8割くらいは潰した格好ですかね。
なので現在は上空から見ると「一」の字形になっています。

 

そしてその残された保全部分。
なんか妙な事になってまして。
前から見ると大正期そのままのレトロ調。
ところが裏に回ると一面ガラス貼りのモダン調。
ん?なんじゃこりゃ?みたいな格好になってます。
これについて説明を求められると困るのですが。
まあ「レトロ」と「モダン」の融合という事ですね。

 

でも意外にこれが上手くできてまして。
前半分はかつての趣を残したスタイル。
壁面に渋いスクラッチタイルを配し、ずっしり沈んだ重厚感のあるマスク。
入口には洋風アーチを配したエントランスを構え。
中に入るといきなり真正面に大理石貼りの階段がずんと伸び、踊り場には漆塗りの上に沈金を施した石川県のレリーフを配置。

 

いやいやいやカッコいいっスわ!

 

奥に進むと、一転して近代モダン。
ガラスを通して得られる自然光はみずみずしいまでにまぶしく。
白を基調にした内装がその光をきらびやかに照り返し。
1階にはスタイリッシュなカフェ、2階にはおしゃれなフレンチレストラン。
そして広大なガラス壁の向こうには、芝生の広場が青々とに広がり。
さらにその向こうには金沢城の石垣が大パノラマでばーん!

 

ふたつの離れた時が突然繋がる不思議空間。
なんて言うか。
時間と時間の間の特異点に立ったような、奇妙なトリップ感覚がそこにあります。

 

建築と同時にもうひとつ見て欲しいのが、正面玄関前にそびえる2本の巨大な木。
「堂形のしいのき」と呼ばれるもので、全高は左が13メートル、右が12メートル。
樹齢300年にものぼる古木です。
300年前と言えばまだ江戸時代、徳川吉宗の頃。
暴れん坊将軍が町の悪いヤツらをバッサバサ切りまくってた頃です。(←?)

 

ちなみに「堂形のしいのき」の意味ですが。
「しいのき」は木の名前そのまんまなので説明不要として、「堂形」って意味分かんないですよね。
「堂形」とは弓の練習場です。
かつてこの場所に弓の練習場、すなわち堂形があって、そこに生えていたしいのきなので「堂形のしいのき」と呼ばれるようになったらしいです。
なので当然当時は馬がそこら辺をうろちょろしてて。
ついでにうん〇をぽとぽと落としていくので、それをたい肥にむくむく育ったんだと言われています。

 

そう言われて見てみるとでっぷり太ってて。
うん。
立派だ(笑)。

 

昔はもっとたくさん生えてたそうですが、時代とともに全部伐採されてしまい。
残ったのは残念ながらこの2本のみ。
今は江戸時代の貴重な遺産として大事に手入れされ、国の天然記念物にも指定されています。



江戸、大正、現代、さまざまな歴史の痕跡を残すしいのき迎賓館。
御訪問の際にはどうぞその深い味わいをじっくりとご堪能下さい。
週末には裏の芝生広場で頻繁にイベントなども行われています。
事前に公式サイトでチェックして、ご家族で遊びに行くのもいいですよ!

 

 

しいのき迎賓館

住所:石川県金沢市広坂 2-1-1

TEL:076-261-1111

 




コメントをする

 

 

 

広坂の最新記事一覧

石川近代文学館

2019年01月15日

金沢の街中にずしりとそびえる、存在感抜群な洋風レトロのレンガ建築。四高記念文化交流館です。館内は右と左が別々の施設になっ・・・

カテゴリー:観光名所

しいのき迎賓館

2019年01月12日

金沢市役所のほぼ向かい、広坂通り沿いにひときわレトロな建物があります。しいのき迎賓館です。建てられたのは大正13年なので・・・

カテゴリー:観光名所

金沢能楽美術館

2018年12月22日

「能」と聞かされると、ちょっと近寄りがたいとか、自分には縁のない世界とか、そんなイメージはないでしょうか?実はわたしもそ・・・

カテゴリー:観光名所

金沢21世紀美術館 カラー・アクティヴィティ・ハウス

2018年12月11日

2004年10月9日に開館した、現代アートを主軸とした美術館。それが金沢21世紀美術館です。場所は兼六園のすぐそば、歩い・・・

カテゴリー:観光名所

変容する家 ブーフーウーの藁の家

2018年11月10日

「東アジア文化都市」。文化庁の推進により行われている事業です。その目的は日本・中国・韓国の三ヶ国の協力によって様々な文化・・・

カテゴリー:観光名所

第四高等学校

2018年09月03日

石川県のイメージって、全国的に見ても地味ぃ~な印象あると思うのですが。でもね昔はすごかったんですよ、昔は。「加賀百万石」・・・

カテゴリー:観光名所