店主たみこの観光案内日記

金沢城 玉泉院丸庭園

2018年09月08日

 

金沢城で最もフレッシュなスポット。
それがここ「玉泉院丸庭園(ぎょくせんいんまるていえん)」。

 

何がフレッシュかって言うと、ここが一番最近復元が完了した場所だからです。
以前の状態がどんなだったかはわたしもほとんど覚えてないのですが、取りあえずここには石川県体育館が建ってました。
行った事はないですけど、アスファルトの急坂を上った先に、あー体育館の建物あるなーくらいの記憶はあります。

 

その体育館が2008年、老朽化により解体。
跡地を掘り起こし詳細な調査を行い、庭の概要を確認。
2013年より復元工事を開始し、2年後の2015年3月、北陸新幹線開業の直前、ようやくその姿を現代に取り戻したのです。

 

さて、この庭の由来ですが。
「玉泉院」とは、二代目藩主利長の奥方。
利長が隠居先の高岡で亡くなった後、三代目藩主の利常が彼女を金沢に呼び戻して。
その際の住まいとして、ここに庭と屋敷をしつらえたそうです。
その時点では比較的質素な造りだったのですが、玉泉院が亡くなったのを契機に屋敷を取り壊し、本格的な庭園として整備。
京都から庭師を呼び寄せたりして、かなり本格的な作庭を行ったようです。

 

しかし時代は変わって明治に移り、主を失った城は不要のものとなり。
この庭もその役目を終え、軍によって埋め立てられてしまいました。
その後の用途はちょっと不明ですが、昭和40年になって例の体育館ができて。
40年ほど使ってその体育館がなくなったら、今度は掘り起こしてまた庭に戻した。
という経緯らしいです。

 

なんやら埋めたり掘ったり忙しいですな(笑)。

 

スタイルとしては池泉回遊式の大名庭園。
奥行きをたっぷりと取ってあるだけでなく、高低差も大きく、庭の最奥には色紙短冊積石垣(しきしたんざくづみいしがき)と呼ばれる美しい石垣が並びます。
この空間的なダイナミック感が最大の見所で、庭全体を一望できる場所には「玉泉庵」という施設があり、お茶と和菓子をいただきながらゆっくりと庭を鑑賞することができます。

 

さらにこの玉泉院丸庭園、実はもうひとつ秘密(?)の楽しみ方があって。
結構地元の人でも知らないのですが、毎週金・土・祝日の前日の夜にはライトアップが行われているのです。
赤・青・黄色・オレンジなどの光に照らし出される庭の眺めは幻想感満点!!
音のない歴史シアターです。

 

どうか玉泉院丸庭園を楽しむ時は、昼だけでなく、夜も訪れてみてください。

 

デートコースとして彼女連れてけば。
ポイント上がりますよ!

 

 

金沢城公園

住所:石川県金沢市丸の内1番1号

TEL:076-234-3800

 




コメントをする

 

 

 

金沢城公園の最新記事一覧

金沢城 石川門

2018年12月01日

金沢を代表する「顔」とも言える、金沢城石川門。金沢城三御門のひとつです。(あとのふたつは橋爪門と河北門)現代になって復元・・・

カテゴリー:観光名所

金沢城 三十間長屋

2018年10月06日

金沢城散策の際、、ついうっかりしてるとスルーしてしまうのが、ここ三十間長屋(さんじっけんながや)。と言うのも、ちょっとメ・・・

カテゴリー:観光名所

金沢城 玉泉院丸庭園

2018年09月08日

金沢城で最もフレッシュなスポット。それがここ「玉泉院丸庭園(ぎょくせんいんまるていえん)」。何がフレッシュかって言うと、・・・

カテゴリー:観光名所

金沢城 鶴丸倉庫

2018年09月07日

石川門から入ると左側、三の丸広場を抜けてさらに向こう、金沢城跡の中でもかなり隅っこ。そこに鶴丸倉庫はあります。本来の名前・・・

カテゴリー:観光名所

金沢城 菱櫓

2018年09月06日

菱櫓(ひしやぐら)。その名の通り「菱形の櫓」です。ぱっと見分かりませんが、この建物、上から見ると見事な菱形をしています。・・・

カテゴリー:観光名所