店主たみこの観光案内日記

金城霊沢

2019年02月05日

金城霊沢

 

むかーしむかし、ある所に、あ、ある所じゃなくて山科に「藤五郎」という男が住んでいました。
ある日藤五郎は夢の中で観音様から、大和国初瀬からお嫁さんが来るとのお告げを受けました。
そしてその通りになりました。
「うわ~い、オラんトコに嫁っコ来たべー♪」
浮かれた藤五郎はお嫁さんがせっかく持ってきた持参金を村の人にじゃんじゃん分け与えてしまいました。
お嫁さんオロオロ!
お金の大事さを藤五郎に切々と訴えます。
すると藤五郎。
「金なんていくらでもあるだ」
そう言って山から採って来た芋をごしごし洗い始めました。
するとどうでしょう、洗い落としたドロの中から金がポロポロ!
藤五郎とお嫁さんはその金で裕福に暮らしましたとさ。



かつて金沢で実際に起こった(はずがない)アメリカンドリームです。

 

トンデモ昔話ですな。
これが事実なら、秀吉より利家の方が100倍金持ちだったはず!

 

その藤五郎が芋洗いをしたと伝えられるのが、この金城霊沢(きんじょうれいたく)です。
そしてこの藤五郎伝説が「金洗い沢」→「金沢」の地名の由来になったと言われています。

 

水はすべて湧き水。
一年中枯れることなく湧き続け、そしてどんなに雨が降ってもあふれる事がないそうです。
まあ確かに考えてみればここは小立野台地のヘリ。
ちょうど地中を通って来た水が湧き出す場所です。
と同時にへりなので傾斜になってて、一定量以上水が溜まるとじゃんじゃん下に流れ落ちます。
そりゃ年中枯れないしあふれませんわね。

 

泉にはご覧の通り東屋(あずまや)が建てられています。
この建物、意外に古く、作られたのはなんと1822年。
加賀藩12代目藩主前田斉広(まえだなりなが)が自分用の隠居所「竹沢御殿」建てる際、その工事の一環として整備したものです。
それまでは多分、野原にぽこっと泉があったみたいな感じだったんでしょうね。

 

屋根の内側には扁額。
「金城霊澤」の文字がどどん!としたためられています。
この文字は幕末の三筆と讃えられた市河米庵(いちかわべいあん)の筆によるもの。
ちなみに残り二人は貫名菘翁(ぬきなすうおう)と巻菱湖(まきりょうこ)。
三人とも知らんと言う方多いでしょうが、わたしも知りません。(←!)

 

さらに天井には龍の絵。
本来ここには狩野派の絵師である狩野探幽(かのうたんゆう)の絵が飾られていたそうですが、老朽化によりチェンジ。
現在は地元画家の広田百豊(ひろたひゃくほう)の絵が飾られています。
これまた知らない名前ですが、昭和30年没とのことなので、明治末~昭和初め頃に活躍した画家さんと思われます。

 

泉の底をのぞき込むと1枚の巨大な石。
これは地元産の戸室石で、金沢城の石垣なんかにも使われています。
直径1.76メートル、厚さ15センチ。
かなりのサイズですね。
江戸時代だから当然これを人力でえっさえっさと運んだはずで。
なんか考えただけで腰痛になりそうですな・・・(怖)。



「金沢」の地名の始まりである金城霊沢。
兼六園に隣接しているので、観光ついでに気軽に立ち寄れます。
どうぞたくさん芋を持って(←?)お越しください。

 

運が良ければ一粒くらいは砂金が出てくる・・・はずないか(笑)。

 

 

金城霊沢

住所:石川県金沢市兼六町 1-3

 




コメントをする

 

 

 

兼六町の最新記事一覧

兼六園 霞ヶ池

2019年04月16日

兼六園のほぼ中央にぽっくりと大口を開けた池。霞ヶ池です。表面積5,800平方メートル。サッカーコートより一回り小さいくら・・・

カテゴリー:観光名所

兼六園 竹根石手水鉢

2019年02月23日

しいのき迎賓館や金沢市役所側にある真弓坂口から兼六園に入ると、すぐ先に池が見えてきます。その池の北側に夕顔亭という建物が・・・

カテゴリー:観光名所

金城霊沢

2019年02月05日

むかーしむかし、ある所に、あ、ある所じゃなくて山科に「藤五郎」という男が住んでいました。ある日藤五郎は夢の中で観音様から・・・

カテゴリー:観光名所

成巽閣

2019年01月19日

兼六園に隣接し、ちょうど金沢城の反対側に成巽閣(せいそんかく)はあります。高い塀に囲まれているため少々認識しづらく、知ら・・・

カテゴリー:観光名所

石川県立伝統産業工芸館

2018年12月15日

工芸王国と称えられる石川県。その裏には江戸時代より工芸を厚く保護してきた加賀藩の政策が強く影響しています。徳川家に次ぐ大・・・

カテゴリー:観光名所

兼六園 唐崎松の雪吊り

2018年11月24日

兼六園の大きな見どころのひとつ、唐崎松(からさきのまつ)。加賀藩13代藩主前田斉泰(なりやす)が、わざわざ琵琶湖畔の唐崎・・・

カテゴリー:観光名所

いぼとり石

2018年09月26日

兼六園のすぐ隣に金澤神社というちっちゃい神社があります。その入り口右側に放生池というこれまたちっちゃい池があって。そのほ・・・

カテゴリー:観光名所

兼六園 噴水

2018年09月23日

兼六園内を金沢城寄りに歩いていると、しゅわーっと勢いよく聞こえてくる水の音。噴水です。あら噴水、きれいね、なんて思ってな・・・

カテゴリー:観光名所

兼六園 七福神山

2018年08月30日

兼六園内に数ある見所の中で、結構スルーされてしまうのがこの「七福神山」。日本武尊像(やまとたけるのみことぞう)の左、曲水・・・

カテゴリー:観光名所

兼六園 徽軫灯籠

2018年08月29日

兼六園と言えば必ず紹介されるのがこの徽軫灯籠。「ことじとうろう」と読みます。園内のほぼ中央にある大きな池”霞が池”の北東・・・

カテゴリー:観光名所