店主たみこの観光案内日記

でんにょも ザ・漢らーめん

2019年04月23日

でんにょも ザ・漢らーめん

 

アテもなく車でふらふら。
さ~今日はど~こで昼ご飯食べるかな~???
と、徘徊。

 

国道8号をノロノロ進み。
ココ、ココ、ココと候補を挙げつつ前進。
あともうちょっと走って特に目ぼしいお店がなければ、Uターンしてアソコ行くかな~とか思ってたら、ひとつの看板が目に入る。


『でんにょも』。


あ、決定!
今日はココ!
名前は知ってるけど、まだ食べたことないお店。
せっかくだし行ってみるべ~、と迷わず飛び込む。

 

まずはメニューをチェック。

ラインナップはラーメン6種+つけ麺。
あとサイドメニューがいくつか。
その中でばっと目に飛び込んだのが”ザ・漢らーめん”。
いいじゃないですか~。
名前がイカしてますわ♪

 

って流れで本日はでんにょもの”ザ・漢らーめん”を。
ずるりずるるっと食べたおします。

 

ザ・漢らーめんの麺

 

スープは完濁の濃茶色。
醤油メインで、アタックから思いっ切りヘビー。
大豆の凝縮したうま味がぐんと沈み込む。
と同時に爆発するニンニク。
あのエゲツない香味がもわもわと口の中を埋め尽くす。

 

麺は中細麺。
茹で加減柔らかく、つるつると喉を滑る。
多加水麺ゆえか、ちょっとしゃばしゃばした感じで。
小麦の味もどこか水っぽく、濃々スープにもうひとつ馴染んでない。

 

チャーシューはデカくて厚いのがどどん!と1枚。
噛み応えがしりと豪快で、重量感満点の食べ心地。
肉の味わいも充実してて、ゼリー状の脂が味のボリュームをさらに押し上げる。



この後、替玉1回追加して。
つるるつるるとすすりまくって。

 

完食。



でんにょもの”ザ・漢らーめん”。
なるほどその名の通りガチガチ筋肉系のパワーラーメンでした。

 

ただ麺に関してはちょっと???
麺が含む大量の水分が、麺とスープとの味の融合を遮断してしまい。
麺は水っぽくしゃばしゃば、一方でスープはヘビーでゴツゴツ。
互いに相容れない味のケンカに、妙な違和感が最後まで付きまといました。

 

わたし的にはこのスープなら低加水でコシのある中太麺を合わせた方が絶対にいいと思うのですが。
どうですかね?



ごちそうさま。





 

[参考]
ザ・男らーめん:810円
替玉:108円

 


 

 

でんにょも

住所:石川県小松市矢崎町ナ 104

TEL:0761-43-2959

 




コメントをする

 

 

 

小松市の最新記事一覧

でんにょも ザ・漢らーめん

2019年04月23日

アテもなく車でふらふら。さ~今日はど~こで昼ご飯食べるかな~???と、徘徊。国道8号をノロノロ進み。ココ、ココ、ココと候・・・

カテゴリー:グルメ

日本自動車博物館

2019年04月09日

車、好きですか?ヴィンテージカー、好きですか?車好きなら一度は訪れたい聖地、それが小松市にある日本自動車博物館です。この・・・

カテゴリー:観光名所

河田山古墳公園

2019年04月06日

古墳が建造されたのははるか昔。3~7世紀頃。当然長い歴史の中で忘れ去られ、埋没してしまったものも数多くあり。この河田山(・・・

カテゴリー:観光名所

らーめん亭竹の子 辛口らーめん

2019年01月08日

休みの日、小松方面をぶ~らぶら。お昼どこで食べるか決めてなくて、ウロウロしてたらラーメン屋さん発見。らーめん亭竹の子。前・・・

カテゴリー:グルメ

ハニベ岩窟院 ハニベ釈迦牟尼大仏

2018年12月25日

入口にいきなりどどーん!とそびえる大仏様、の、頭。「頭」だけです。全高なんと15メートル。横幅がたっぷりあるせいか、実物・・・

カテゴリー:観光名所

小松天満宮

2018年11月03日

小松天満宮。その名の通り、小松にある天神様を祀った神社です。創建は1657年、加賀藩三代目藩主前田利常(としつね)がこの・・・

カテゴリー:観光名所

苔の里

2018年10月23日

全国1億5000万人の「苔ファン」(←?)の聖地。苔の里。苔、苔、苔、ひたすら苔、のお庭です。見所は苔、のみ。潔いほどに・・・

カテゴリー:観光名所

那谷寺 奇岩遊仙境

2018年09月13日

写真下手クソで、ただの崖にしか見えんけど。(←!)すごいのよ。もうここ、本当にすごいのよ。もうただそこに立ってるだけで圧・・・

カテゴリー:観光名所