店主たみこの観光案内日記

長町武家屋敷跡

2018年12月08日

長町武家屋敷跡

 

金沢の繁華街のすぐ裏手、歩いて数分の場所に長町武家屋敷跡はあります。
その名の通り江戸時代の武家屋敷が連々と並ぶ場所で、往時の雰囲気をそのままに残しています。
静かに続く茶色の土塀はなんともノスタルジック。
失われた日本の古風景にどっぷりと浸れます。

 

とは言え不思議に思いませんか?
なんでここにだけ江戸期の街並みがそのまま残ったのか。
じつはそこには2つの「偶然」がありました。

 

まずひとつは火災に遭わなかったこと。

 

江戸期を通じて、金沢は度重なる火災に悩まされ続けて来ました。
中でも特に有名なのが寛永の大火と宝暦の大火。
このふたつの大火は町も城も焼き尽くし、そりゃもー甚大な被害を出したそうです。
その他にも大小合わせて何と50回以上もの火事が記録されており、金沢の歴史は火事との戦いの歴史でした。
ところがその火事を不思議と逃れてきたのがエリアがあるのです。
それがここ長町界隈。
いわゆる「ツいてる」というヤツですかね。
なぜか延焼しないのです、このあたりだけは。
それゆえに屋敷がきれいな状態で保たれて来たのです。

 

もうひとつの偶然は空襲。

 

ご存知の通り、金沢は非戦災都市です。
意図的か、それともたまたまか、幸いにも米軍がこの地に爆弾を落とす事はありませんでした。
そのため福井や富山と違って、江戸期の町割りがそのままの形で残ったのです。
当然武家屋敷が居並ぶこの長町も、丸々ごっそり保全され。
今、こうして目の当たりにすることができるのです。

 

そんな強運に守られてきた長町武家屋敷跡。
元々のルーツはどんな所だったかと言うと、上中級武士の住まいが集中する場所でした。
実際歩いてみると分かりますが、確かに一軒一軒、そこそこの敷地面積があります。
まあ現代で言えば部長さんレベルの人が集まってた所、みたいなイメージですかね?

 

ひと口に武士と言っても、そこにはランクがあり。
藩主の下に直属する加賀八家と呼ばれる最上級クラスを筆頭に、その下に「人持組(ひともちぐみ)」「平士(へいし)」「与力(よりき)」「御歩(おかち)」「足軽(あしがる)」と続きました。
この長町界隈には主に平士クラスの武士が住んでいたそうで、それはつまりそれなりに経済力のあった人達がいたという事になります。
高級住宅街と言うと少し言い過ぎかもしれませんが、そんな感じの所だったのかもしれません。

 

屋敷の大きな特徴としては、敷地をぐるりと取り囲む土塀。
この土塀からは実はそこに住む人の「格」を読み取ることができ、平士クラスだと1.5~2メートル程度。
それが八家や人持クラスになると、2.5~3メートルもの高さがあったそうです。
ざっと見た感じそこまで高い塀はないので、このあたりは平士レベルの人たちが住んでいたことが分かります。

 

さらに門構えや屋敷のしつらえ、石垣にまで身分に応じた「決まり」がありました。
まー面倒くさい世の中だったんだなと思いますが、それが「江戸」という時代だったのです。
そんな決まり事をひとつひとつ吟味しながら歩くと、この町の景色もまた違って見えてきます。



江戸期の風情を今に伝える長町武家屋敷跡。
そこに漂う空気感とともに、ぜひかつての武家文化も味わって下さい。

 

町の中心には長町武家屋敷休憩館という施設があります。
無料で利用でき、金沢観光のパンフレットなんかが入手できますので、一服しながら次のルートを検討するのに最適です。
さらに「まいどさん」と呼ばれる観光ボランティアガイドなんかも常駐してます。
金沢来たけどどこに行ったらいいのか分からない、なんて人はぜひ相談してみて下さい。

 

 

長町武家屋敷跡

住所:石川県金沢市長町1丁目

 




コメントをする

 

 

 

金沢市の最新記事一覧

近江町市場

2019年06月08日

金沢の三大観光名所と言えば「兼六園」「ひがし茶屋街」そしてここ「近江町市場」。色々なメディアが発行する金沢の観光案内をざ・・・

カテゴリー:観光名所

七味家 味噌煮込うどん

2019年06月04日

人間、生きてるだけで腹が減る。腹が減るからメシを食う。さ、食うぞーーー!!!でやってきました七味家。腹減ったので。まあ、・・・

カテゴリー:グルメ

室生犀星記念館

2019年05月25日

室生犀星(むろおさいせい)。金沢三文豪の一人で、明治後期~昭和初期にかけて活躍した詩人・小説家です。その生い立ちは暗く。・・・

カテゴリー:観光名所

魚がし食堂 漁師丼

2019年05月14日

「バナナマンのせっかくグルメ!!」で3月くらいに金沢が取り上げられまして。そこで登場したお店のひとつが魚がし食堂。観た人・・・

カテゴリー:グルメ

梅ノ橋

2019年05月07日

金沢を縦に分断する二大河川、浅野川と犀川。その浅野川がひがし茶屋街のそばを通る所に、木造のシっブ~~~イ橋が架かっていま・・・

カテゴリー:観光名所

金沢城 色紙短冊積石垣

2019年05月04日

金沢城は別名「石垣の博物館」とも呼ばれておりまして。江戸初期のものから晩期のものまで、異なる時代に建造された様々なスタイ・・・

カテゴリー:観光名所

金沢市足軽資料館

2019年04月27日

長町武家屋敷跡界隈のすぐそば、藩政期の足軽の生活ぶりを見られる場所があります。金沢市足軽資料館です。足軽というのはなんと・・・

カテゴリー:観光名所

兼六園 霞ヶ池

2019年04月16日

兼六園のほぼ中央にぽっくりと大口を開けた池。霞ヶ池です。表面積5,800平方メートル。サッカーコートより一回り小さいくら・・・

カテゴリー:観光名所

金沢かつぞう 美明豚ロースかつ定食

2019年04月02日

この日はちょっと買い物の用事がありまして。コートハンガーが買いたい。イオンのインテリア売り場を覗いたのですが、残念ながら・・・

カテゴリー:グルメ

大野湊神社

2019年03月30日

金沢港のすぐそば、金沢西警察署の裏手に小さな神社があります。大野湊神社です。社伝によれば起源は727年と言うのですから、・・・

カテゴリー:観光名所