店主たみこの観光案内ブログ

姫路市立美術館 チームラボ展

2019年05月21日

姫路市立美術館 チームラボ展

 

姫路市立美術館にて現在行われているチームラボの企画展。
これに行ってきました。

 

そもそもチームラボって何?って話ですが。
技術者集団です。
最新テクノロジーを駆使したシステム構築、企業ブランディング、イベント設計など、幅広い事業を展開。
その活動の一環として手掛けているのがデジタルアートなのです。
作品が派手なせいかテレビなんかでもよく取り上げられるので、知ってる人も多いでしょう。

 

すごいですよ、インパクト。
テレビで何度か見てても、実物はやっぱり全然違う。
強烈な迫力です!

 

会場は二段構えになっており、まず目にするのは『世界は統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う』という作品。
デジタルの画がざっと壁に投影されてます。
画の意味は分かりません、わたしアートは全く理解できない人なので。(←!)
でもデジタルなんでね、この画に動きがあるのですよ。
前を通ると自分の影がほんの~りと現れて、あれ?いるよいるよ、画の中に自分がいるよ!みたいな。
まるで自分も作品に「参加」しているような不思議な気分。

 

そこから先が本番。
狭い通路を抜けると一気に空間が広がり、鏡を使った無限の宇宙が出現。
あっ!と息を飲みます。

 

この広いスペースは三つの作品で構成されており、まず手前が『永遠の今の中で連続する生と死、コントロールできないけれども、共に生きる』。
例によってタイトルの意味は全然分からんのですが、まあそこは深く考えない(笑)。

 

色彩の美が圧巻!
赤・黄色・緑が絡むように入り乱れ、紺や土色を背景に美しく色を変化させていく。
次々と現れる極彩色。
和のテイストをふんだんに盛り込みつつも、デジタルという現代感覚も同時に存在してて。
なんだか夢の世界を泳いでいるみたいな気分。

 

次の作品は『世界は暗闇から生まれるが、それでもやさしくうつくしい 』。
しつこいですが、タイトルの意味は分かりませんよ、わたしには(笑)。

 

これがまた幻想感ハンパなく。
ひたすら美しい!
ゆらゆらと入れ替わる七色の光。
その中を静かに文字が降りてきて。
文字に手をかざすとぱっと弾ける。
中からは炎、あるいは水、あるいは虹。
ほ~っと見とれてしまうほどの不思議な世界観。

 

最後の作品は『Black Waves:埋もれ失いそして生まれる』。
タイトルの意味は分か・・・え?もうそれいい??(笑)

 

これは波です。
デジタルの波。
黒の世界の中に白の波がざざざっとうねる。
静かにゆっくりとうねる。
しなやかに、力強く、ダイナミックにうねる。
ただそれだけなんですが、妙な生命感みたいなのがみなぎってて。
「海」という巨大な魂の意思を目の前に見ているような、そんな異次元感覚。



チームラボのデジタルアート。
現代のテクノロジーが作り上げた、未体験の神秘空間。
どうぞひたすらご感動ください。

 

開催期間は4/20(土)~6/16(日)まで。
もうそんなに日は残ってないですけど、これは見とかなきゃ絶対損ですよ!

 

あとついでにもうひとつ。
会場、結構冷房効いてます。
寒いのが苦手な人は1枚羽織って行った方が賢明です。

 

 

姫路市立美術館

住所:兵庫県姫路市本町 68-25

TEL:079-222-2288

 




コメントをする

 

 

 

兵庫県の最新記事一覧

姫路城 天守閣

2019年06月01日

世界遺産姫路城。憧れますね!石川県には、と言うか北陸全体にもないですからね、世界遺産。「世界遺産」、この響きだけで震えま・・・

カテゴリー:観光名所

姫路市立美術館 チームラボ展

2019年05月21日

姫路市立美術館にて現在行われているチームラボの企画展。これに行ってきました。そもそもチームラボって何?って話ですが。技術・・・

カテゴリー:観光名所